FC2ブログ

Welcome to my blog

みけぽんのコツコツ懸賞日記

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

シミをつくらないために①

Category - 美容
シミが気になり始めたのは、アラフォーになってから。

それまでは、シミなんてほとんどなかったのに、
少しずつお肌の奥から浮き出るようになってきてしまい、
左頬のシミが気になっていたけど、右にもうっすら。

私の場合、顔に濃いシミは1つもないのですが、
うっすらと浮き出ているシミのサイズが大きいのです。
巷で言われている頬の上部分に大きく出来てしまう、
肝班というシミではなく、単なるシミなのですが、直径1センチほど。
それが、左の頬に3か所。右の頬に1か所。

ファンデーションでカバーしてしまえば、まったく分からないのですが、
すっぴんになると、どうしても気になってしまいます。

そりゃ、そうですよね。
白い紙の上に、黒いシミがポツンと出来たら、気になりますよね。

そこで、これ以上のシミはつくらないために、決意しました!

今あるシミを出来るだけ薄くしたい。
そして、これ以上のシミは顔にも手にもつくりたくない。
レーザー手術は最終手段。


これをモットーに、以下の事を実践しています。

①ビタミンCを多めに摂る。
有名な事ですが、ビタミンCが不足すると、シミができやすくなります。
そして、出来てしまったシミが濃くなります。
ビタミンCは、人間の体で作ることの出来ないビタミンなので、
食事やサプリメントから摂取することが必要なビタミンです。

以前、DHCのビタミンCの錠剤を会社のデスクに保管して、
小まめに摂るようにしていたのですが、ある日、切らしてしまってから
補充するのをすっかり忘れ、1ヶ月が過ぎた頃、顔を見たら、
シミが濃くなっているのに気づき、それ以来、ビタミンCは切らしません。
飲んでいると、必ずシミが薄くなります。

今飲んでいるビタミンCは、会社用としてディアナチュラのビタミンC、
家には、アスコルビン酸の粉末を置いて、夜寝る前に飲んでいます。
呼び名は違いますが、アスコルビン酸=ビタミンCです。
粉末を会社で飲むのは大変なので、会社用は錠剤を常備しています。

ビタミンCは水溶性のビタミンなので、多めに摂取しても安全です。
必要な分が体内に補充されたら、不必要なビタミンCは体内へ排出されます。
ただし、摂り過ぎは何事にも良くないので、適度に摂取してくださいね。

アスコルビン酸のさらに詳しい記事は、こちら


②たんぱく質を摂る。
養鶏場を経営している家の友人がいるのですが、
彼女の肌が、40手前にして本当に綺麗なんです。
前々から肌が白くて、シミもないし、綺麗だな~と思っていたのですが、
聞いてみると、実は養鶏場の娘で、小さい時から卵は毎日食べていて、
今でも、1日2個くらいは食べているとのこと。
それを聞いて、シミのない白いキレイなお肌を保つためには、
たんぱく質も欠かせないと知り、朝は納豆に卵を混ぜて食べるようにしています。
卵が苦手な方は、鶏肉でも大豆でも構いませんので、たんぱく質も意識して
摂るようにするといいと思います。
私は焼き肉が大好きなのですが、焼き肉を食べた翌日の肌はハリが違います。


③馬油をお風呂上がりに塗る。
気になる手のシミに馬油を塗っています。
塗り方は、顔の水気を軽く拭き取り、その後、馬油を少量手にとって、
気になるシミに優しく刷り込んでいくだけ。
お肌に馴染んだら、その後はいつものお手入れでおしまい。
馬油100%なので、敏感肌の私でも安心して使えます。

馬油の、さらに詳しい記事はこちら

④ハイドロキノンを塗る。
ハイドロキノンは、お肌の漂白剤と言われている美白クリームです。
ビタミンCは、シミをつくらないようにするための要素が強く、
出来てしまったシミに対しては、効果が薄く、
ハイドロキノンは、既に出来てしまったシミを薄くしてくれる効果があります。
シミの原因であるメラニン色素を作る元の細胞を減らしてくれる効果があるので、
塗ることによって、シミを薄くしてくれます。

ハイドロキノンは、、美容皮膚科で処方してもらえますが、最近では通販でも販売しています。
馬油よりは即効性があるので、早くシミを消したい方にはオススメです。
ただし、気をつけたいのは、使い方を間違えると、シミの部分だけ白抜けしてしまい、白班のようになってしまうこと。
シミに刷り込むように塗ったり、シミ以外のお肌に塗ったりしないように、使用には注意が必要です。
また、ハイドロキノンを塗った肌は日焼け止めを絶対に塗ってください。

私は美容皮膚科で処方してもらっていたのですが、
今は通販で同じ濃度のハイドロキノンを購入しています。

⑤エルシステインは飲まない。
エルシステインは、肝班やシミに効果があり、とても魅力的で
2か月ほど飲んだのですが、シミの効果よりも、白髪が増えてしまったのでやめました。
エルシステインは、メラニン色素に作用するそうなのですが、
その作用で、白髪が増える人もいるという話を聞き、自分の白髪のすべてが
エルシステインの影響かは不確かですが、これ以上増えて欲しくないのでやめています。
ちなみにエルシステインを摂取する際に、ビオチンを同時に摂取すると、白髪ができにくいそうです。

すべて実践するのは難しい!という方もいらっしゃると思いますので、
まずは、ご自分が出来る、ご自分に合ったシミ予防・対策から実践されるといいと思います。

いつまでも貴女が綺麗でいられますように☆

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 



関連記事
スポンサーサイト

Category - 美容

シミ つくらない ハイドロキノン 馬油 エルシステイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。