FC2ブログ

Welcome to my blog

みけぽんのコツコツ懸賞日記

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

馬油でシミが消える物語・劇的ビフォーアフター

Category - 美容
馬油シミ消えるというキーワードで検索すると、
馬油の効能について、書かれているサイトがたくさん出てきます。

そんな私も馬油を知ったのは、4年ほど前。

冬の肌の乾燥が気になると、母に言ったところ、
薬師堂の尊馬油ソンバーユ)を薦められました。

最初は、乾燥肌対策のつもりで、夜の肌のお手入れに
取り入れていたのですが、母からシミにも効くよと教えてもらい、
手に出来たシミに、1ヶ月ほど塗り続けていたところ、何とそのシミが消えたのです。
(写真がないのが残念。)

それからは、乾燥が気になると使ったり、シミが気になる部分に
時々塗ったりしていただけだったのですが、次第に肌の乾燥も
シミも気にならなくなったので、使わなくなりました。

しかし、事件が起きたのは、今年の正月休み。
ほとんど見えなかった顔の左頬のシミが急に濃くなり、
痒みを伴うようになって、赤みも帯びてきて、
少しづつ盛り上がってきてるようにも感じる。。
(写真、下にあります。)

これは一体・・・と思い、ネットで調べると、
老人性疣贅(脂漏性角化症)という言葉が。。

シミが盛り上がっている時点で、かなり凹んでいるのに、
ネーミングに「老人」てついていた日には、もう立ち直れない。。
皮膚科に行くにも、正月休み。
とにかく、どうにかしないと!と思った時に、思いだしたのが、馬油でした。

確か、ここにあるはず、、、と思って見つけた馬油はこんな状態。
son4.jpg
ほぼ使い切ってるし、2年以上前に買ったものだし、効果があるのかも
わからないけど、藁にもすがる思いはこのこと。
瓶のフチについている、なけなしの馬油を塗ってみました。

最初は痒みが強くなった気がしたけど、そこはガマンガマン。
その後、痒みが治まると同時に赤みも治まってきて、
次第に、シミの部分が乾燥してカサカサに。

乾燥したらどうなるのか不安もあったけど、ひたすら摺り込む。
毎日毎日、優しく摺り込むこと数日。
すると、ある日、ペリッとシミの部分の皮膚が一皮剥けました。

そのビフォー・アフターの写真が、こちら。
(周りは白くしてますが、シミの部分は何の加工もしていません)
son2.jpg

son1.jpg

さすが、馬油。
2年以上前の馬油だったのに。。
一瞬でも効くのか疑った私が悪かった。
ということで、あっさり新しいのを買いました。

薬師堂さんのソンバーユNo.7。
son6.jpg
私が使っているのは、薬師堂の馬油の中でも、ランクの高い馬油です。
普通のソンバーユよりもお値段は割高ですが、その分、シミへの効き目も高いように思います。

箱はこんな感じ。馬が颯爽と走っております。
son9.jpg

裏面。薬師堂さん自身で、ソンバーユの最高峰と謳っております。
son10.jpg

中身は、こんな感じです。テクスチャーはさらっとした油とでもいいましょうか。
よく伸びるので、シミ対策で顔と手に塗るだけなら、半年以上は持ちます。
son11.jpg

私の経験上、シミに馬油を塗ってから数日間は、シミが濃くなったように見えますが、
お肌の新陳代謝が良くなり、シミが濃くなった後、次第に薄くなっていきます。
私は敏感肌なので、無香料の馬油100%を使っています。

ソンバーユ No.7 60ml[ソンバーユ 馬油]【送料無料】(楽天市場)

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 


関連記事
スポンサーサイト

Category - 美容

馬油 シミ 消える ソンバーユ 薬師堂 ビフォーアフター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。