FC2ブログ

Welcome to my blog

みけぽんのコツコツ懸賞日記

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

乳がん検診のススメ(親友のお話)

Category - 美容

DSCF3253_TP_V.jpg

今日の、私の住んでいる地域は曇り空です。

週末は、働いている方にとっては、絶好のお洗濯日だったりするのに、

お天気がいまいちだと、大変ですよね。

乾燥機もありますが、私はお日様にあてて乾かすのが、やっぱり好きです。

と、まったく、乳がん検診とは関係ないお話から入ってしまいましたが、

ここ最近の乳がんの報道といえば、小林麻央さんですね。

世間にだけではなく、私たち女性には大きな影響を与えたと思います。

芸能人という公な立場ではありますが、発表するという、彼女の勇気には、素直にすごいと思いました。

また、ニュースなどで、北斗さんや小林麻央さんの発表をきっかけに、検診を受ける女性が増えたという記事を

見聞きしますが、そんな私も、30代前半から、乳がん検診を受け始めました。

今は40代なので、かれこれ10年くらいかな。

私が、乳がん検診を受けようと思ったきっかけは、親友が乳がんになったからです。

29歳の頃に知り合い、年齢は2つ下の女性でした。

学生時代はバスケットボールをやっていた活発な女性で、性格は陽気で快活なのに、おっとりした部分もあり、

見た目は、お肌は少し浅黒く、スッとした切れ長の目で、歯並びの整ったな大きめな口。

彼女が笑うと、浅黒い肌に、白い歯のコントラストがとても綺麗でした。

仕事終わりに、ホテルのバーで、2人でお酒を飲んで、お仕事の愚痴や恋愛話をしたり、

お誕生日のプレゼント交換をしたり、楽しい時間を過ごしていました。

そんな彼女から、乳がんになった事を知らされたのは、知り合って数年後。

場所は、昼下がりの、新宿サザンテラスのカフェ。

乳がんを打ち明けられた時は、口調も軽めだったので、それほど深刻ではないのだと思いました。

ただ、話が進むにつれて、症状が重いことが分かり、彼女の口から生存率は5年くらいと聞いたときに、

何も言えず、困ったような顔をしてしまった私と、それを寂しい笑みで見つめる、彼女の光景だけは覚えています。

その後、彼女はご主人が外国の方だったので、子供と、家族3人でご主人の国で暮らしており、

届くメールを読むと、元気そうな様子だったので、安心していましたが、

私に乳がんを打ち明けてくれてから、3年後の2010年、彼女は帰らぬ人となりました。

彼女の死を、ご主人からメールで知らされたときは、ただ後悔しかありませんでした。

お互い、メールの回数も少なくなっていましたが、何となく心で繋がっている安心感があり、

きっと大丈夫なんだなと、私が勝手に思っていたのかもしれません。

彼女とは、彼女の日本のご実家で、ご遺骨という形で会うことができました。

少し疎遠になってしまった事を謝る私に、ご両親は優しく接してくださいました。

ご両親から、お話を聞くと、頑固だった彼女は治療も、自分の意思を貫く治療方法だったようで、

泣きながらも、不謹慎ではありますが、そこまでの頑固さ加減に、

彼女らしさが垣間見えて、切なさと微笑ましさが入り混じった気持ちになりました。

そんな意思を貫いた彼女も、4歳になる息子を残して旅立つのは、本当に辛かったと思います。

私とご両親が話をしていると、私の横に座ったり、首に抱きついてきたり。

母親が亡くなった事を理解できる年齢ではありませんが、彼なりに寂しいのだなと感じました。

そして、忘れられないのは、帰り際、その子が、急に、「これあげる!」と言って、

お供えしてある、大きなチョコレートを、私に差し出してきたことでした。

そのチョコレートは、トブラローネのホワイトチョコ。

私が大好きなチョコレートで、亡くなった親友も、私が好きな事を知っていて、お土産でよく貰いました。

ご両親が、「貰ってやってください。」と言ってくださり、彼女が、私の不義理を許してくれたのか

どうかは分かりませんが、息子を通じて渡してくれているのかなと思い、有難く頂いて、帰路につきました。

彼女が亡くなって6年。 毎朝毎晩、手を合わせ、彼女を忘れた日はありません。

そして、彼女がきっかけで、乳がん検診を受けるようになったこと、辛いですが、感謝もしています。

私には子供はいませんが、主人と可愛い猫2匹がいます。両親・姉もいますし、友人もいます。

まだ、やりたい事もたくさんあります。

乳がん検診を受ければ、100%大丈夫という訳ではありませんが、検診を受けておけば・・・という後悔はしたくないです。


・マンモグラフィーが痛くて怖いという方

痛みには個人差がありますが、確かに少し痛いです。でも、痛みは20秒もありません。

乳がんを予防するためなら、たったの20秒くらい我慢できると思うので、頑張ってください☆


・女医さんではないと抵抗のある方

私も女医さんではないと抵抗があるので、住んでいる市の検診ではなく、女医さんを探して、実費で検診を受けています。

乳がんと子宮頸がんを含めた検診ですが、8000円ほどです。

市の検診は無料なので、それと比べると高いですが、自分の命のためなので。

乳がんになったら、生活すべてが変わってしまいます。 今の生活を守るための、大切なお金の使い方です☆


10年前は、30歳くらいの女性が乳がん検診を受ける事自体、少なかったと思いますが、

今は検診も普及して、受けられる機会が多くあるので、ぜひ検診してくださいね☆

いつまでも貴女が綺麗でいられますように☆

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
関連記事
スポンサーサイト

Category - 美容

乳がん 検診

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。